スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ARES UMP45 影に隠れた良作電動ガン

元々STARからコンバージョンキットとして発売されていたUMP45ですが、
その後ARESから完成品として発売され、UMAREX社のライセンスを得たS&TのUMP45が出ると、
廉価版として値段も下げ さらにARESのG36シリーズに採用されていたブローバックも追加されたのが、
現行のUMP45になります~

実売が2万円を切る様になったNEW UMP45ですが、あまり使われている方を見ないので、
ココは全力で紹介したいと思います~


外装はポリマーらしくしっとりとした軟質樹脂で出来ておりまして、
東京○ルイさんの硬質樹脂ですとギシギシしますが、
この手の樹脂は全くギシギシ言わないのが最高にイイですね!!
国内メーカーさんですとマルゼンさんの樹脂もギシギシ言わないのでオススメですよっ!
ストックの頬当て部分、底面部分はゴムが貼られていて質感ともに実用性も高く
価格差が5000円前後でARESより安いUMAREX社のUMPはモールド表現なので、
少し高いですがARESの方がオススメです。

IMGP0151.jpg

ボルトハンドルはフルストロークで、ノッチに引っかけてホールドオープン出来ます。
またACOGサイトと比較していただければ分かると思いますが、このUMP45 かなりデカイです・・・
アサルトカービンのG36Cと数センチしか変らない長さがあります 
マガジンの長さも相まってかなり迫力のあるM1トンプソンのようなボリューミーなSMGになってます
(数少ない45ACPのSMGも全体的に大きくなっちゃいますよね)
まあソコが良いのです!

全重は約3kg程 銃自体の軽さ相まって、ブローバックメカにウェイトこそ入っていませんが、
ダミーボルトだけの重量でも結構リコイルが来ます。 
次世代AKやSCARと比べると半分ぐらいのリコイルですかね~ 割と楽しいですよっ!
メカボックス上にボルトと連動するZ字型の金具が入っておりまして、ワンタッチでオミットすることも可能ですので、試合ごとにサプレッサー等をつけて隠密行動を取ったり、ど派手に轟音ぞまき散らしながら突撃するのもヨシ ブローバック時の金属音が格好良すぎて 先日フィールドで味方を援護射撃しているとき
後方の味方から「めっちゃいい音しますね!」とか「耳元で撃つなって言っただろっ!(BHDネタ)」
なんて言われて 結構楽しかったです←

さて 中身ですが、箱出しで88m/sでした。
このままでも使えなくはないです けれども30m前後で大きく左右にブレます
原因は一つ フルサイズシリンダーとバレル長が200mmしかないからなんですよね。
ですので、シリンダーを○ルイなり社外のハーフサイズに変えてしまえば、マル○電動並に
良く当たります!
IMGP0166.jpg
最初っからベベル部分にベアリング軸受け、マイクロスイッチに低抵抗の高そうな配線に、
先端吸気ピストンと贅沢三昧なメカボックスですが、せっかくシリンダーを換えるついでに
シム調整とバレルをルーズのMP5用230mmを30mm程カットして、
スプリングをアングスさんの0.9Jスプリングに
シリンダーはマル○HCのハーフサイズシリンダーに換えてみました。
結果として初速96.23m/s 50mでもマンターゲットならかろうじて当たる様になりました~
ぶっちゃけ少し弄っただけで次世代電動を上回る精度 元々のポテンシャルの高さを実感しますね
(ココが最大のオススメポイントなんですよ)
フィールドで使用して2回ほどですが、HITを取った数では今までずっと使ってきたSCAR-Hを越えてます
コンパクトで軽くて取り回しが良いのも UMPの良いところです。
また、ピン一本でメカボに到達できる整備製の良さとメカボックスの後ろからスプリングが交換できる
というのもとても素敵です(`・ω・´)

無論留意する点もあります。 廉価版のUMPが出たことによってARESのUMPは
最初からサイドレールがないのです。 また単品売りしていたものの在庫が少なくなかなか入手が
困難でした(オークションで不良在庫品を安く見つけられましたので今はサイドレールがついてます)
けれども、先日VFCからGBBのUMPが発売されたとともにVFCブランドでサイドレールが出ておりますので、
取り付けられるか分かりませんが 少なくともネジを換えたりすることで使えるかと思います。

アウターバレルはQDタイプのサプレッサー対応のハイダーが一体になってまして、
電動ガンで良くある14mm逆ネジといったものがないので、使用できるサプレッサーが
非常に限られます 例によってVFCのサプレッサーが付くかも知れません
が 手っ取り早い方法がございまして、後日詳しく記事を書きますが、
14mm逆ネジにする方法がございますよっ!

やっぱり亞音速弾の45ACPを使用するUMPだからこそサプレッサーはつけたくなるというものです。
実物のUMP45は 45ACP弾を25発内包するストレートな外観のマガジンで、
IMGP0141.jpg
見ての通り、途轍もなく長いです。
P90と勝負できるぐらい長いかと思います 
同じHK社の9mmparaを使用するP7M13と比較しても(MGC GBBのP7です)
そのマガジンの長さが分かっていただけると思います。
まあその長さがたまらなくカッコイイのですけどね(笑

コンパクトに凝縮されたボディーに 鋭いパンチの45ACPを使う UMP45 みなさんどうですかっ?

UMAREX H&K UMP Competition 電動ガン【バッテリー&充電器つき!】

新品価格
¥14,560から
(2013/4/16 19:36時点)



ARES UMP 電動ブローバック 電動ガン 18才以上

価格:24,926円
(2013/4/16 19:41時点)
感想(0件)



 
関連記事
Date: 2013.04.16 Category: エアーガン  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

-

Date2015.06.18 (木) 21:12:44

このコメントは管理者の承認待ちです

-

Date2017.01.14 (土) 17:32:45

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール
多趣味に埋もれそうです

メトロ

Author:メトロ

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
当ブログはリンクフリーですが、コメント等にて御一報いただけるとうれしい限りです。
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。